住まいのグラフィティ 静岡県マクス開く高断熱住宅

住まいのグラフィティ

Vol.41  開く高断熱住宅
株式会社マクス

窓を無くし、壁を増せば耐震上は有利になる。
窓を無くし、周囲から閉じれば、みかけの断熱性能値は、より上がる。

でも、温暖な静岡県で豊かな自然に囲まれた敷地に於いて、数字ばかりを
追求するのではなく、大きな窓で周囲に思いっきり開く事を住まい手も望んだ。

大開口の窓で開放的なプランにするにあたっては、構造計算で安全性を
担保し、三層ガラスの樹脂サッシと熱容量の高い、高密度の木質繊維断熱材を用いることで、大切な基本性能を確保。

目指したのは、風通しの良い、開く高断熱住宅。

鈴木克彦

マクス施工 開く高断熱住宅

建築主は、樅の木や山桜に囲まれた森の中の斜面の土地と運命的に出会った。


静岡県小山町にある、風通しの良い開く高断熱住宅

森の中に佇む自然素材の家。木の外壁は、経年変化と共にこの自然に溶け込んでゆく。


森の中の軒の長い家

深い軒の切妻で階高を抑えた、周囲の景観に溶け込むフォルム。


大きな窓と子供達

リビングの南面は、間口4mの大開口引込戸。特注のトリプルガラスの樹脂サッシ。


薪ストーブとソファのある全方向に窓があるリビング

LDKはどの方向も緑に向かって開いている。


ウッドデッキで遊ぶ子供

広いウッドデッキは寝室と廊下とリビングを一つにつなぐ。


雪景色が見えるキッチンの窓

冬のキッチン。雪景色を取り込むピクチャーウインドウ。


家事動線のいい脱衣所と浴室

冬の浴室。脱衣室と浴室も南面配置で開放的。ルーフバルコニーにも出られる。

DATA
■物件名:開く高断熱住宅
■所在地:静岡県小山町
■家族構成:4人(夫婦+子ども2人)
■構造:木造2階建て
■敷地面積:503㎡(152坪)
■延床面積:101.71㎡(30.8坪)
■竣工年月日:2018年2月
■設計:株式会社マクス一級建築士事務所
■施工:株式会社マクス