住まいのグラフィティ

Vol.34  地べたの家
松澤穣建築設計事務所

敷地に立った時に、この家は土間にしようと思いました。1階床すべてが土間の家。「地べたの家」の所以です。少々冒険でもありましたが、南北に続く通り土間から里山へと子どもたちが走り抜け、階段を中心として家の中を素足で駆けまわる姿を見て、ホっとしました。
土間なので、1階には床下がありません。さらに1階の階高を低めにしています。そうすることで一階から二階がぐっと近くなり、町並みになじむ低い軒先の佇まいとなっています。
設備は、びおソーラーを導入しました。階段下収納をチャンバーとして、換気を兼ねて階段下から集熱空気を土間に吹き出し、床を暖めています。

松澤 穣
ガラリ戸が印象的な外観

二階のバルコニーは1階の窓先に奥行きを生みます。ガラリ戸がファサードを創ります。

ガラリ戸を通した光の演出

玄関とダイニングキッチン。防犯上安心なガラリ戸からは、光と風が入ってきます。

階段を中心に回遊できる1階

キッチンの右奥は食品庫。1階は階段を中心に回れるプランです。

北の里山に向けた大開口

リビングから北の里山のパノラマ。地続きの庭です。

広い子供室

二階の北側は子供室。まんなかで仕切って二部屋にすることもできます。

北の里山に大きく開いています。

二階から里山の眺望もまた格別です。

線の美しさを感じる和室

二階の南側は、和室です。障子を開けると段差無しで南のバルコニー。

DATA
所在地:兵庫県神戸市
用途:住宅
家族構成:夫婦+子供2人
構造:木造
敷地面積:208.48㎡(63.06坪)
延床面積:115.93㎡(35.06坪)
竣工年月:2016年7月
設計:株式会社松澤穣建築設計事務所
施工:株式会社いなほ工務店
造園:株式会社プランタゴ
写真:上田明(サンスタジオ)

著者について

松澤穣

松澤穣まつざわ・みのる
建築家
1963年東京生まれ。建築家。松澤穰建築設計事務所代表。多摩美術大学環境デザイン学科教授。東京芸術大学卒業・同大学院修了。代表作に、欅の家、里山住宅博のヴァンガードハウスなどがある。父親の影響で幼い頃からカメラに親しみ、ライカのレンズを愛用。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。