F・LL・ライトに学ぶ
ヴィンテージな家づくり

9

2階リビングのユーソニアンハウス
Lloyd Lewis邸(1939)

 

フランク・ロイド・ライト

Lewis邸は大きな森に囲まれた川岸に建っています。敷地は川の氾濫域にあり湿気から逃れるために、主な居室が持ち上げられた2階リビングの住まいです。玄関脇には船着き場があり、ボートでもアプローチ出来るようになっています。今ならグーグルマップで調べればすぐに見つけられるのですが、私が訪ねた頃は、標識もなく住所はわかっていてもなかなかたどり着けませんでした。たまたま通りかかった人に訪ねたところ、その人がこの家の鍵を持っていて中を見せていただくことができました。

フランク・ロイド・ライト

2階のリビングルームに面したバルコニーは、虫除けの網で覆われています。さらにその網をツタが覆って日よけになっていました。ピロティの下は玄関までのアプローチでもあり半戸外の居間のようなスペースです。

大きく跳ね出したカーポートの屋根と二階書斎の庇、レンガ積の垂直線と横張りの板壁。メチャかっこいいプロポーションです。植え込みが繁茂していてこれ以上後ろに下がれず35mmのレンズでは全景を納めることが出来ませんでした。残念!

玄関はかなり暗いのですがハイサイドライトから光が落ちてきて、気持ちをわくわくさせます。踊り場まで半階上がるとリビングの天井が見え、明るさのコントラストと空間の広がりに心が踊ります。これほど人をうならせる玄関は滅多にないでしょう。

照明器具や家具もライトの設計。素晴らしい出来映えです。落水荘を担当したE.ターフェルが現場監理をしました。低予算に納めるためすべての工事を分離発注したそうです。