びお占い

26

芒種・次候の星のめぐり

芒種次候 6/11 AM7:55ごろから

ああでもないこうでもないと思ったり温めたりしてきたことが、なにかをきっかけにして表舞台に出やすい時期です。それぞれの現場で、長い時間を乗り越えた「爽やかさ」が輝きそう。

おひつじ できるだけ目の前のことに集中するのが吉。その先のことは数日後に見えてくるはず。
おうし 頼られやすいとき。あれこれ言うより、おおらかに受け流すだけで相手に効果があります。
ふたご 理路整然となれないとき。言葉がすぎないよう自制気味が無難です。
かに 気持ちがだんだん引きしまりそう。ふわっとしていた考えをまとめていくチャンスに。
しし 自分の好みに走りすぎると、「雑」になりがち。相手がなにを求めているかを考えて。
おとめ フラットな関係性が宝物に。知人友人の一芸で救われることがありそう。
てんびん そわそわが止まらない時期。何かの「予感」に背中を押されるなら、挑戦してみては?
さそり 嵐に突入する予感。自分の過去の失敗よりも、周りを見渡し「可能性」を探しましょう。
いて モヤモヤしていたことから無理に抜け出なくてもよさそう。むしろ周りと一緒に考える方向で。
やぎ コツコツ重ねたことが表に出るタイミング。じわじわと広がる周囲の反応を楽しんで。
みずがめ 無意識に誰かを傷つけてしまいやすいとき。正論ではなく相手の実感を聞き取って。
うお シンプルな結果を求められそう。仕事でも、深入りしすぎずに手放す練習を。

→芒種末候 6/16 PM1:55ごろ


西洋占星術

連載について

びお占いは、黄道を分割する太陰太陽暦の二十四節気・七十二候と、西洋占星術の黄道十二宮が融合した、新しい星占いです。七十二候ごとに星占いから導き出された一行ヒントをお伝えします。