びお占い

19

立夏・初候の星のめぐり

立夏初候 5/5 PM10:26ごろから

なかなか濃密な、今年の連休の星模様。数年や数十年を振り返るような時間を過ごして、これから数年、自分たちの暮らしはどんなふうになってゆくのかと思いを馳せる人も多そうです。どうしても長期的なことに意識が向いてしまう、こんな連休はやはり「戦略や計画」を立てたり、未来の夢や思い出を語り合いたいもの。
連休こそは……と溜め込んでいる日常生活のタスクについては、週明け以降も念頭に「小分けに進める」作戦がオススメです。

おひつじ 連休明けが気になって、そわそわ。本気のことほど、前倒しで平日モードに戻して吉。
おうし 気になっていたところに行くとか、貪欲にGWを活用すること。公私ともにヒントが沢山。
ふたご せっかくの連休に、自分で水をさしてしまいそう。すべきことは、さっさと片付けて。
かに 仲間や友だち、身内からのプレッシャーが高め。疲れたり、凹んだりする暇はなさそうです。
しし まったく想定していなかった新しいタスクが目の前に。自分の器の大きさが問われそうです。
おとめ これは自分の性格!と、開き直ったりする予感。割り切って断ることも必要に。
てんびん 変わり者にかき乱されるようなことが。仲間内でのルールを再確認することになりそう。
さそり 誰かを「守る」役目が回ってくる暗示。経験や知識を総動員する覚悟でいましょう。
いて 大したことない、と思っていたスキルが周りに歓迎されそう。のびのびと力を発揮して。
やぎ 窮して打った手が、意外とハマるとき。こだわりを捨てるほど、大きな流れに助けられます。
みずがめ 家でのトラブルがシリアスになりがち。家族に任せっきりにしていることはないですか?
うお 「予防」しておきたいことを考えてみるとき。避難セットなどの準備もオススメです。

→立夏次候 5/11 AM2:27ごろから


西洋占星術

連載について

びお占いは、黄道を分割する太陰太陽暦の二十四節気・七十二候と、西洋占星術の黄道十二宮が融合した、新しい星占いです。七十二候ごとに星占いから導き出された一行ヒントをお伝えします。