アスパラガス農家

住まいのグラフィティ

Vol.24  アスパラ農家の家
イシハラスタイル

愛知県蒲郡市街より山側に車で15分、緑に囲まれた静かな土地に建てた、アスパラ農家を営む若夫婦の住まいである。この建物は、前回紹介した蜜柑農家の家と同敷地に建ち、親世帯子世帯とで2棟分棟のプランを採用している。
南北の軸線に沿ったプランで、南側には明るいダイニング、北側にしっとりとしたリビングが特徴。その間には、道具のように使える“タフなキッチン”が空間をつなぐ。裏のみかん畑を臨む気持ちの良いお風呂で、家族の存在を感じつつ、農作業の疲れを癒して欲しい。

石原真

南配置のダイニング。敷地内にある農作業場からささっと昼食へ。玄関土間と繋がることができる。

全景

親世帯は三州瓦。子世帯は杉板の外壁。このエリア特有の石積みを再現した。

DATA
所在地:愛知県蒲郡市
用途:専用住宅
家族構成:若夫婦+子ども二人
構造:木造2階建て
1階床面積: 66.79㎡(20.20坪)
2階床面積: 51.34㎡(15.53坪)
総床面積: 118.13㎡(35.73坪)
竣工年月:2018年2月
設計:イシハラスタイル
施工:イシハラスタイル
写真:石原真

石原真  いしはら・まこと

イシハラスタイル代表。1974年生まれ。県立西尾高等学校、愛知大学卒業。一級建築士であり、大工でもある。棟梁の志を持ちながら、地元・三河の豊かさを大切にする家づくりをめざしている。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。