我輩は歌丸である。

7

細かい事は気にしない

ぼくはね、細かい事は気にしないのよ。だからと言って、小細工されてゲラゲラ笑われるのは心外なわけ。何が楽しいのか全然わからないのよ。でも紙袋は大好きだからかぶるとついつい興奮しちゃうのよね。

永田花ハチワレ猫白黒cat目隠し

百面相はちまき。目の描き方次第でいくらでも楽しめる。

幼少の頃から猫と共に生活をしてきましたが、歌丸と出会った事で猫って変な生き物だなぁとますます思う様になりました。

歴代の実家猫達は一日の大半を外で過ごしていたので、彼らの行動を特に気にしていませんでした。しかし歌丸は四六時中家にいますので、気になる習性や行動が出てきたのです。

例えばトイレの前に激しく走り回る事。まさに一人運動会。非常に迷惑です。この行動は排泄中に襲われた時、すばやく逃げられる様にテンションをあげるとも言われています。実家猫が柿の木を激しく昇降する姿は悪魔が取り憑いた様で怖かったのですが、納得がいきました。

そしてお尻からとても臭い液体を出す事。色々な理由があるらしいですが、歌丸の場合は甘える時にピッと出します。抱っこをねだられて応じた後しばらくすると例の匂いが。これがうんざりするほど臭いのですが、クセになる魅惑のかほりです。

歌丸独特の行動もあります。基本的に私のいたずらに対して無抵抗です。実家猫達は嫌がった顔周りへの細工にも全く動じません。紙袋をかぶるのは好きな様で、穴からのぞく目は瞳孔全開! そんな時は覆面レスラーごっこをしてあげます。

永田花ハチワレ猫紙袋をかぶる猫Cat to wear a paper bag

紙袋をかぶる歌丸・歌丸の目に殺意が宿った瞬間

また無表情でボーッとたたずんでいる事も多いです。実家猫達はそんなだらしない姿は見せませんでした。アイスの蓋を頭に置いても無表情。照明に照らされても無表情。と思いきや、私を見下ろすその視線には一瞬殺意が宿ったような……。

永田花ハチワレ猫cat頭に蓋をのせてる猫

特別な皿をかぶり雨乞いをする歌丸

ひょうひょうとした猫の姿は世知辛い世の中に必要であり、ノーベル平和賞を取ってもおかしくないと思います。受賞したとしてもボブ・ディラン並みの対応を取りそうでドキドキしちゃう。

次回は実家のモジュールに馴染む歌丸について。それはまた別のお話。



永田花  ながた・はな

文化学院建築科を卒業後、ステンドグラス作家の山本幸子氏(株式会社山本・堀アーキテクツ)の下で働きながら物つくりの基本を学ぶ。その後N設計室勤務。仕事をしながらクラブイベントの会場装飾・ポスターやフライヤーデザインを手がける。現在は写真を使ったオーダー雑貨のデザイン・制作を生業としている。
http://87utamaru.wix.com/tutti-cat

連載について

永田花さんの飼い猫歌丸くんの日常について綴るエッセイ。歌丸は猫っぽくない、と花さんから聞いて、それはどういうことだろう?ととても興味を持ちました。花さんと歌丸との出会いから、これまでのこと。ほっと一息つけるようなエピーソードにあふれています。