びお占い

10

春分・初候の星のめぐり

春分初候 3/21 AM1:16ごろ
これからやってくる「春夏秋冬」を占うのが、春分の星もよう。心機一転、春の新学期や新年度に向けて、ゆるーく今年一年間の雰囲気をを占います。あなたの「居場所」を楽しくするためのヒントを探ってみましょう。

おひつじ 振り回される不本意な気分が引き続き。心からカタチにしたい小さな幸せに集中を。
おうし 数年来の焦りがふと楽になる瞬間があるでしょう。原点回帰がキーワード。
ふたご テンションを上げすぎないように。サポート的な立場なら好きなことが続けられそう。
かに 人間関係を「豊かに広げる」心がけを。人に好奇心を持つことがストレス無く過ごす秘訣。
しし 大風呂敷を広げるなら4月のうちに。初夏とともに地道で気長な作業に取り掛かって。
おとめ 今年の前半は、本気と遊びの区別が必要。大事なことには周りの手を借りましょう。
てんびん 飽きっぽいと思っていた自分の行動が、「積み重ね」として大きく実りそう。
さそり プレッシャーから逃げるより、徹底的に自分らしいパワーを発揮するほうが近道。
いて 公にはやたらと「動き」の多い人生が続きそう。趣味だけでも足場を築くことを心がけて。
やぎ モチベーションの向上には「公私混同」が吉。できるだけ自分の想いを活かす道へ。
みずがめ この春は「楽しく伝える」スキルを意識して。夏ごろ大きな違いが生まれそうです。
うお 「想いと立場」の板ばさみで抜け出したいことがあるのでは? GW明けに脱出の気配。

→春分次候 3/26 AM2:12ごろから



西洋占星術

詠み人知らず  よみびとしらず

連載について

びお占いは、黄道を分割する太陰太陽暦の二十四節気・七十二候と、西洋占星術の黄道十二宮が融合した、新しい星占いです。七十二候ごとに星占いから導き出された一行ヒントをお伝えします。