びお占い

7

啓蟄・初候の星のめぐり

啓蟄初候 3/6 AM12:29ごろから
忙しなかった先週の満月から一転、ゴールのようなはっきりした目的地ではないけれど、抗いようのない「落としどころ」へと向かってゆくとき。春の潮目を見逃さないためのヒントです。

おひつじ 買い物は下調べにとどめておく方が良さそう。ムダに高い機能を求める傾向あり。
おうし 送別会などの人の集まりが大切なとき。モノよりもネットワークに投資するつもりで。
ふたご ダブルブッキングなどの凡ミスが目立ちそう。全体を見直す余裕を持ちましょう。
かに 挑戦したくても勇気が出なかったことに一歩が踏み出せそう。味方にも恵まれます。
しし 家族や友達も、元気がいつもより低下気味。愚痴るよりむしろ相談相手になってあげて。
おとめ 小さいながらも成果が積み上がってゆくとき。マイペースは吉、ただし目標は高く。
てんびん 予定外の残業や作業が発生しがち。アドバイスを受けながら目標の軌道修正が必要。
さそり 冴えたアイデアで人を喜ばせられそうなとき。思いついたことはどんどん話してみて。
いて 霧が晴れたようにスッキリする暗示あり。家具やデスクの配置を見直すチャンスです。
やぎ いつも通りにはいかないことほど笑顔で乗り切って。日用品のリニューアルは吉。
みずがめ 人に任せすぎるのはトラブルのもと。自分なりのトライ&エラーも、大切な経験です。
うお 迷いがあれば、楽しいほうを選びましょう。具体的な展望がないときこそ、自分を信じて。

→啓蟄次候 3/11 AM12:27ごろから


西洋占星術

連載について

びお占いは、黄道を分割する太陰太陽暦の二十四節気・七十二候と、西洋占星術の黄道十二宮が融合した、新しい星占いです。七十二候ごとに星占いから導き出された一行ヒントをお伝えします。