住まいのグラフィティ

Vol.17  猫と暮らす四季の家
大和建設

「自然と趣味を愉しめる暮らしに憧れています」
そう話していた施主のSさんは、夫婦と愛猫2匹との「終の棲家」として時とともに趣が増すような住まいを希望されていました。
敷地は山際のやや高台にあったため、その眺望や四季の移ろいも住まいの一部として感じられるようにとプランしました。
前面道路いっぱいにあった石垣も半分ほどに積み変え、ゆるやかなカーブが印象的なスロープへと変更。車を降りて玄関までの間、季節の木々に囲まれながら歩く、そんな日常の何気ない時間も大切にしました。
また、過度の冷暖房や最新設備は好きではないけど、できるだけ快適な住空間をという希望も持たれていました。びおソーラーを設置することで、湿気や底冷え感が課題の山間地域での暮らしでも、「ほんのり暖かい」空間が実現しました。

暮らしはまだまだ始まったばかりです。これから無垢材のエイジングが進み庭の緑が増し、畑に季節の旬が実り、一生終わることの無い趣味として愉しんでいただけますように。

堀田雅則
引込窓

大きく広がる景色を一望できる木製引き込み窓

ダイニングのストーブ

ダイニングからは薪ストーブの炎も愉しめる。

猫のある暮らし

愛猫と施主夫婦との新しい暮らしが始まりました。

ロードバイクと猫

ご主人の趣味ロードバイクの整備部屋

設計・施工 大和建設
写真 上田明


堀田雅則

堀田雅則  ほりた・まさのり

岡山県倉敷市生まれ。大和建設株式会社代表取締役。約17年前に空気集熱式パッシブソーラーと出会い、以後パッシブハウスの設計を精力的に行う。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。