F・LL・ライトに学ぶ
ヴィンテージな家づくり

3

共同生活から建築を学ぶ

私が在籍当時タリアセンは、ライトの家族、スタッフとその家族、学生たち総勢70人が共同生活をしていました。掃除や食事作りなどすべての家事を交代で行います。キッチンは製図室とドア一枚の隣にあり、スタッフと学生の3人で70人分の食事(3食+午前と午後の2回のおやつ、計5食/1日)を作ります。キッチン当番は、朝から晩まできつい仕事なので、キッチンの一週間は、製図室の仕事は免除されていました。ダイニング当番は、テーブルの配置を換え、テーブルクロスの色を選び、花を生けることが仕事でした。全員が調理やおもてなし方を体験するのです。“体験が、リアリティのある提案を生む!”との考え方です。

taliesin

料理は当番制、スタッフ・学生分け隔てなく全員に廻ってくる。

dinning

担当は、必ず模様替えをしなければならない。

学生たちの住まいはテントです。ライトがアリゾナの地に住み始めたのは、ウイスコンシンの寒い冬を避けるためでした。学生たちに経験を積ませるためもあって、建物は全て自力建設です。短期間に施工できるテントは好都合でした。建設当初は、ライト自身も学生と同じくテントで寝袋生活をしていたそうです。テントは、天候を直に感じます。キャンプ経験のある方はわかりますよね。私も最初こそコヨーテの遠吠えが聞こえたり不安もありましたが、慣れれば満天の星空を楽しみ、生きていることを実感できるようになります。

Tents at Taliesin West

学生の居住区 テントが転々と広がる


半田雅俊  はんだ・まさとし

1950年生まれ。1973年工学院大学建築学科卒業。遠藤楽建築創作所勤務の後、1981~83年 F.LL.ライトの建築学校・設計事務所『タリアセン』在籍。ライトの住宅100棟以上を訪ね歩く。1983年半田雅俊設計事務所設立。NPO法人家づくりの会理事 。少ないエネルギーで快適に暮らせる、地域の気候風土にあった家「びおハウスH」開発者。