<遠野便り>
馬たちとの暮らしから教わること

2

11月:馬たちが帰ってくる

東北の11月は変化の激しい季節です。木枯らしが吹く。霜が降りる。氷が張る。雪が降る。
そんな冬の前触れがつぎつぎとやってきます。けれども穏やかな晴れた日は空が澄み渡って清々しく、森を歩くと枯れ葉がかさかさ音を立てて心地いいものです。あんなにいた虫たちの姿はあまり見かけなくなりました。見通しがよくなったこともあるでしょう、哺乳類と出会う機会は逆に増えるようです。畑の残りの食べ物を求めてか森から出てきたカモシカと出くわしたり、おそらく兄弟ギツネだと思いますが、向こうの草原で2匹じゃれあっていたり。リスが落葉したカラマツを勢いよく駆け上がれば、夕暮れ雄ジカの切ないようなかん高い声が聞こえてきます。野鳥もよく見えるようになります。カラ類が小さな群れをなして枝から枝を渡っていき、カケスたちが森から出たり入ったり騒いでいます。里の川にはハクチョウが飛来しました。

山下げ––馬が山里に帰る

11月上旬、「山下げ」といって、5月の終わりのころから5ヶ月を高原で過ごした4頭の馬たちが帰ってきます。クイーンズメドウで暮らすエリアナ、サイアナ、エリ。うちで暮らすジンガ郎。
馬をかつて飼育していた年配の人に聞くと、昔は、秋、食べる草が寂しくなってくると勝手に馬たちが歩いて降りてきたものだといいます。また、車が通る道がなかったから、みんなで歩いて高原まで行き、自分の馬を探して、一緒に歩いて帰ってきたものだといいます。今は馬運車といってそれぞれの農家や馬の持ち主が専用のトラックに乗せて連れ帰るというのが一般的です。

昔ながらの歩いて行う山上げ、山下げの復活は、「みんなでやりたい楽しい行事」になってきた。今年は3頭に対して20人が参加。「もっと馬の数を増やしたいねえ」とか「馬と気を合わせて歩くことがこんなに楽しく素晴らしいことだとは思いませんでした」とか、参加した人たちは口々に楽しさを語る。

数年前、クイーンズメドウの事業オーナーである今井隆氏が、昔ながらのやり方をやってみたいと発案しました。つまり春には、人も馬も徒歩で高原に行き、秋になると、ふたたび徒歩で人と馬が帰ってくるという昔のスタイルで。できるだろうか。わけなくできるでしょう、やりましょう。ということで3年ほど前から、馬とともに歩いたり、馬に乗ったりして山上げ、山下げをやるようになりました。標高差約500メートル、13キロほどの道のりです。

里の放牧––寒い冬の暮らし方

山下げしてきた馬たちを放牧する晩秋から初冬の山里は、ススキやササやヨモギに混じって牧草もまだ枯れずに残っていて、エリアナ、サイアナ、エリは少しのあいだそうしたものを食べます。牡のアルとサイも、虫がいなくなったので、休耕している棚田を含む広々とした放牧地に移動します。彼らの淡い栗毛の被毛と白いたてがみと尾は、まるでススキのような色の配色で、ススキ原に入ると遠目にわからないぐらいです。太陽は低い軌道で西の山に傾いていきます。

冬の放牧地

標高800メートル前後の高原牧場から下りてきた牝馬たちが、私たちの放牧地に帰ってきた。灌木が生える緩斜面の放牧地は、荒川駒形神社という馬が祀られた神社の一画にあって、昔からの馬の牧場である。

牝馬たち牡馬たちは、それぞれ、日中も夜も外で過ごします。いつでも自由に動けること、仲間と好きなときに身体的接触が行えることで、みんなストレスを感じることなく季節の巡りの中で暮らしています。夏の間、冬に備えて被毛を冬毛にし、皮下脂肪をしっかり蓄え、常時草(干し草)を食べるなどすることで、馬たちは寒冷に対しては驚くほどタフです。馬房との出入りを自由しているのですが、夏のアブの盛りを除くと、雨の日も風の日も馬房に入ることは滅多にありません。



徳吉英一郎  とくよし・えいいちろう

1960年神奈川県生まれ。小学中学と放課後を開発著しい渋谷駅周辺の(当時まだ残っていた)原っぱや空き地や公園で過ごす。1996年妻と岩手県遠野市に移住。遠野ふるさと村開業、道の駅遠野風の丘開業業務に関わる。NPO法人遠野山里暮らしネットワーク立上げに参加。馬と暮らす現代版曲り家プロジェクト<クイーンズメドウ・カントリーハウス>にて、主に馬事・料理・宿泊施設運営等担当。妻と娘一人。自宅には馬一頭、犬一匹、猫一匹。

連載について

徳吉さんは、岩手県遠野市の早池峰山の南側、遠野盆地の北側にある<クイーンズメドウ・カントリーハウス>と自宅で、馬たちとともに暮らす生活を実践されています。この連載では、一ヶ月に一度、遠野からの季節のお便りとして、徳吉さんに馬たちとの暮らしぶりを伝えてもらいながら、自然との共生の実際を知る手がかりとしたいと思います。

旬な読みもの

月1・二十四節気毎、こよみで読む連載コラムです。

ほぼ日刊特集

ほぼ毎日、住まいづくりのヒントをお届けします。