住まいのグラフィティ

Vol.9  香川県産檜の家:讃岐舎01
菅組一級建築士事務所

「讃岐の風土にとけ込む家を、近くの山の木でつくりたい。」
「真壁の木の家が特殊なものにならず、もっと町に増えてほしい。」
こうした思いを実現するために、柱や梁を見せ、素材をできるだけそのまま正直に使う木の家が「讃岐舎さぬきのいえ」です。

今回紹介する讃岐舎は、ほぼすべて香川県産の檜をつかった家です。
香川県の檜は、雨量の少ない讃岐の地で長い時間をかけて成長していくことから、年輪が均等でゆがみが少なく、加工がしやすいという住宅の建材として優れた特質をもっています。この家は、弊社が年に1度、仲南の森(まんのう町)で企画している「讃岐の舎づくり倶楽部」の大黒柱伐採ツアーで、住まい手さんと一緒に檜を伐採した木材を使用しています。8寸の大黒柱を含め、6本の柱がとれ、家を力強く支えています。

近くの山の木で家をつくることは、山を守ることにつながります。適切な間伐をすることで木と木の間に光が差し込み、下草や土壌の環境を整えます。そうすることで上質な木が育ち、また新しい住まいを支える木材となるのです。

大西美由紀
香川県産檜

床フローリングやオリジナルの玄関ドアも香川県産檜を使用。
地中に埋まっている雨水用の土管なども、人にも地球にもやさしい素材を使っている。

讃岐舎オリジナルキッチン

讃岐舎オリジナルキッチン。讃岐舎の素材には、土佐漆喰、焼杉、土佐和紙などを用い、伝統的な住まいづくりを継承している。

おむすび山

香川県の原風景、おむすび山のシルエットの前に佇む「讃岐舎」。

設計:(株)菅組一級建築士事務所
施工:(株)菅組

讃岐の舎づくり倶楽部 http://www.sanuki-ie.com



大西美由紀  おおにし・みゆき

愛媛県生まれ。短期大学卒業後、建築の仕事に従事する中で、国産材や自然素材の家づくりと出会う。2012年に(株)菅組入社。

(株)菅組 http://www.suga-ac.co.jp

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。

旬な読みもの

月1・二十四節気毎、こよみで読む連載コラムです。

ほぼ日刊特集

ほぼ毎日、住まいづくりのヒントをお届けします。