住まいのグラフィティ

Vol.7  AKANE HOUSE
村松篤設計事務所

神社脇の坂道は急勾配で、息を切らしながら登っていくと、とても窮屈そうな住宅地が展開されていた。そんなひしめき合う住宅の中にあって、AKANE HOUSEは悠然と佇んでいた。家の前には植栽が設けられ、1台分の駐車スペースまで有る。確か敷地は20坪のはずだ。
延べ床面積18坪の小さな家は、玄関から各部屋が階段によってスムーズに繋がれてゆとりすら感じ、吹抜が光や風の流れをもたらしていた。
リビングに案内され、ソファーに座る。目の前に広がる神社の木々の緑がまぶしかった。8月の暑さもたけなわというのに、建主は窓を開放しただけで平気な顔をしていた。「この夏はまだ1回しかエアコンを付けていないのよ」建替え前の家の夏は暑く廊下で寝たこともあったというが、建主はこの暮らしの変化を享受しているようだ。

村松利枝子

 

表題写真/神社の森から見る。茜色の外壁と連続した大きな出窓が特徴の外観

道路からの正面外観。植栽がまちに潤いを与える

玄関からダイニングキッチンを見る。窓の向うに神社の木々の緑が目に飛び込む

寝室からダイニングキッチンを見下ろす。右手カウンターは愛猫と会話するためのキャットウォーク



村松篤  むらまつ・あつし

1959年静岡県生まれ。心地良い空間で永く愛着が持てる建築を基本に据え、パッシブソーラーの設計を数多く手掛ける。日本建築学会東海賞ほか、建築賞を多数受賞。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。

旬な読みもの

月1・二十四節気毎、こよみで読む連載コラムです。

ほぼ日刊特集

ほぼ毎日、住まいづくりのヒントをお届けします。