F・LL・ライトに学ぶ
ヴィンテージな家づくり

1

F.LL.ライトの住宅を訪ね廻る

建築学科卒業後、私は遠藤楽先生の設計事務所に奉職しました。遠藤楽先生はF・LL・ライト(フランク・ロイド・ライト、以下ライト)の愛弟子遠藤新さんの次男で、親子二代ライトの弟子です。先生の設計される住宅は、当時から床暖房と暖炉が標準装備でした。吹き抜けなどを介して空間がつながり伸びやかでライトの考えを踏襲した住み心地抜群の家です。先生と一緒にライト設計の自由学園を訪れる機会もたびたびあり、ライトやタリアセンの話をよく聞かせていただいたものです。そして私も、いつかライトの住宅を体験したい、タリアセンに留学したいと強く思うようになったのです。

ライト夫妻。Taliesin East食堂にて。(1957年、撮影=遠藤楽)

実現できたのは31歳のころでした。タリアセンは、ライトの家族、弟子たちとその家族、学生たち合計70人ほどが、共同生活を営む設計事務所であり建築学校です。
 ライトは、生涯400棟を越える住宅を完成させました。私が留学した当時は、まだインターネットもなく情報が少ない時代でしたが、現存するライトの建物の所在を調べ、手当たり次第に訪ねたわけです。ライトの住宅は、郊外にあることが多く公共交通機関ではなかなかたどり着けません。中古バイクを手に入れ、ひたすら走り回りました。訪ねた家は100棟を超えます。事前連絡がつかないお宅も多く、玄関でピンポンとベルを押します。タリアセンの学生であることを告げると、突然の訪問でも室内まで見せていただけることもありました。

当時の著者。バイクでアメリカ全土を走り回った。

写真集や書籍でよく見かける有名なもの、あまり知られていない家、すべてで感じたことはライトの住宅に対する情熱です。常に何か新しいことにトライしようとしている姿勢がうかがわれるのです。ライトが生涯貫いたのは、“健全なアメリカの住宅をいかに造るか”というチャレンジ精神です。
 2017年はライト誕生150年に当たります。築100年を超す住宅も数多く現存しています。ライトが生まれたころは、馬車の時代でした。生活様式は相当変化しましたが、未だに愛され住み次がれています。その魅力を知ることは、私たちが携わる現代日本の住宅にも大切なキーポイントを教えてくれることになると思います。
 次回からは、私が体験したライトの住宅をご紹介する予定です。

 

※ライトは、サインするときに自身で「LL」と書いていた。
今回の連載では、「F・LL・ライト」と表記する。



半田雅俊  はんだ・まさとし

1950年生まれ。1973年工学院大学建築学科卒業。遠藤楽建築創作所勤務の後、1981~83年 F.LL.ライトの建築学校・設計事務所『タリアセン』在籍。ライトの住宅100棟以上を訪ね歩く。1983年半田雅俊設計事務所設立。NPO法人家づくりの会理事 。少ないエネルギーで快適に暮らせる、地域の気候風土にあった家「びおハウスH」開発者。