住まいのグラフィティ

Vol.2  薩摩町家
ぷらん・にじゅういち

鹿児島県の姶良市に、土間と軒下のある「離れ」をつくりました。
6年ほど前に建てた母屋と水路を挟んで向かい合っています。

「離れ」の土間は北にむかって大きく開いています。
その大きなガラス戸のうえには軒が張り出していて、雨の日、軒下に椅子を持ち出すと、雨の匂いとトタン屋根をたたく雨音に全身が包まれます。
 日本の風景って水性だなあって思います。
 でも、土間も縁側も軒下もいまどきの家からはなくなって、水を感じなくなりました。こんなに気持ちがいいのに、どうしてなくなってしまったのか?ちょっと不思議な気がします。

趙 海光

上写真/北にむかって開く土間と軒下空間。表題写真/北に広がる庭の全景。正面に見えるのは母屋

南の玄関から北の庭に土間が広がる

玄関のすぐ横に隠れ家のような居間がある

ガラス戸を閉めた状態の土間と庭

庭の全景をタテの写真で見る

写真撮影=上田明



趙海光  ちょう・うみひこ建築家

ぷらん・にじゅういち主宰。法政大学建築学科卒業。国産材を用いた現代型の設計に力を注ぎ、国産材の開発と普及を進める。「現代町家」の設計を提唱。編著者に『高山建築学校伝説』(鹿島出版会)

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。

旬な読みもの

月1・二十四節気毎、こよみで読む連載コラムです。

ほぼ日刊特集

ほぼ毎日、住まいづくりのヒントをお届けします。