guntû(ガンツウ) 堀部安嗣建築設計事務所

住まいのグラフィティ

建築家・堀部安嗣さんが新しく設計した「guntû(ガンツウ)」。海に突き出す大きな屋根が特徴のこの物件は、建物ではなく、瀬戸内で運用される宿泊型の小型客船です。船のコンセプトは、「せとうちに浮かぶ、小さな宿」。瀬戸内には、屋根瓦のある民家が多く、その中を就航するとき、周りの風景に溶け込むように船体に設置されたという屋根は、どこか懐かしさも感じさせ、「動く住まい」として新鮮な驚きを与えてくれます。就航は2017年10月17日(火)広島県尾道市より開始。

Vol.1  guntû(ガンツウ)
堀部安嗣建築設計事務所

guntû(ガンツウ) 堀部安嗣建築設計事務所

大きな屋根に包まれた展望デッキ。

メインダイニングは、サワラの木を多用している。

瀬戸内海の風土、環境、風景と溶け込む船を目指した。

元来日本建築は船のようだ。日本庭園は海を模している場合が多いし、それを眺める縁側は船そのものだ。
海や川や池から建てられ、それらと一体となった建築もある。日本建築は他の国の建築にはない親水性、親和性をっている。
そう考えれば日本人にとって船の設計も建築の設計もさほど変わりはないことが見えてくる。

堀部安嗣

瀬戸内に小さな宿が浮かぶ。切妻屋根のある船は、あたりの島々の風景に溶け込む。

客室からの眺め。住宅スケールの居心地の良い空間。

船内には大浴場が併設。列車では味わえない、湯船に浸かりながらの旅が実現。



堀部安嗣  ほりべ・やすし建築家

1967年神奈川県生まれ。堀部安嗣建築設計事務所主宰。筑波大学芸術専門学群環境デザインコース卒業。「牛久のギャラリー」で2002年第18回新建築賞吉岡賞受賞。「竹林寺納骨堂」で2016年日本建築学会賞(作品)受賞。著書『堀部安嗣作品集』(平凡社)ほか多数。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、建築事務所や工務店の最新事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。

旬な読みもの

月1・二十四節気毎、こよみで読む連載コラムです。

ほぼ日刊特集

ほぼ毎日、住まいづくりのヒントをお届けします。