2012 年 01 月のアーカイブ

  • 特集 2012/01/30

    「3分10円」だったころ、電話はみんなのものだった。

    かつて電話は、「3分10円」の時代がながく続きました。電話は廊下や玄関にあり、一人のものではなく、みんなのものでした。

  • 旬の話 2012/01/25

    最低気温の日

    1902年1月25日、110年前の今日は、アメダス観測史上でもっとも低い温度、マイナス41℃が北海道旭川市で記録された日です。この日は日本に記録的な寒波が訪れました。八甲田山遭難事件で「天は 我々を見放した」という、隊の絶望を表現する有名な場面も、同じ日の出来事でした。

  • その他 2012/01/21

    氷の華

    大寒です。大寒後15日で、寒が明けます。小寒から節分までが寒の内と呼ばれています。寒の内とは一年の内で、最も気温の低い季節です。
    この寒気を利用して酒、味噌、寒天などが仕込まれます。

    氷の華
  • 特集 2012/01/16

    家族に、わたしに、地球に、いつも、いつまでも陽のあたる家。「びおハウスF」

    「チームおひさま」の建築家によるびおハウスのケーススタディ、今回は、郡裕美さんの手がける「びおハウスF」の特徴といえる「F’s Living」を中心にご紹介します。

    進化した「縁」空間を持つ「びおハウスF」
  • 旬の話 2012/01/11

    塩の日

    1月11日は、塩の日。川中島の戦いで知られるライバル、上杉謙信と武田信玄の故事にちなんだものです。

  • その他 2012/01/06

    七草

    一茶は、生涯に約2万句の俳句を詠んでいます。芭蕉の千句、蕪村の三千句に比べると非常に多く、最も多くの俳句を残したといわれる正岡子規と匹敵します。
    中公新書に、『江戸俳画紀行―蕪村の花見、一茶の正月』という本がありますが、一茶ほどお正月が似合う俳人は他にいないのではないでしょうか。

  • 旬の話 2012/01/01

    あけまして ありがとう 2012年元旦

    今年の「町の工務店ネット」の年賀状は、この見出しと同じで、あけまして ありがとうという文言を用いました。写真は、岩手県遠野の荒川牧場です。牧場に立つと、岩手の名峰早池峰山が目の前に見えます。このあたりは北上川の源流に位置し、岩手・福島の「中通り」を流れて石巻で海へと注ぎます。

  • ページナビゲーション