2011 年 12 月のアーカイブ

  • その他 2011/12/22

    石工の家の作業場には、石がゴロゴロ置いてあって、ノコギリのようにギザギサした葉っぱの木が何本も植えてありました。恐る恐る、何という名前の木かと聞いてみたら、「ヒイラギや」と言いました。そして「この金槌の柄は、この木で出来てるんやで」と大きな玄翁を持ってきて見せてくれました。

    柊 版画
  • 旬の話 2011/12/17

    新巻鮭(塩漬礼讃)

    いまでも新巻鮭という言い方はあるようですが、当時のような風貌のものはめっきり見かけなくなりました。それは木箱の中の大量の塩に、まるまる一匹の紅鮭がどっぷりとつかったものでした。

  • 特集 2011/12/12

    火の話 その2 家で火を愉しむ

    照明、暖房、調理…火はその座をことごとく電気に置きかえられてきました。
    それでも火を手放さない人、あえて火を手に入れようとする人もいます。生活の中に火があると、それは愉しいのだといいます。

  • その他 2011/12/07

    風花

    日本列島に、大陸から寒気が押し寄せると、日本海側では雪が降り、その雪雲の一部が脊梁山脈を越えて、太平洋側へと流れ込んできます。山を越えてやってくる雪片を、風花といいます。

    風花 版画
  • 特集 2011/12/02

    びおプロダクト

    「チームおひさま」の建築家によるびおハウスのケーススタディ、今回は、木造ドミノ住宅の開発等、住宅のプロダクト化に尽力してきた建築家・半田雅俊さんによる「びおプロダクト」をご紹介します。

    びおプロダクト
  • ページナビゲーション