2011 年 09 月のアーカイブ

  • その他 2011/09/23

    綿

    綿というと、思い浮かぶのは木綿です。
    木綿(tree cotton)は、平安朝初期に中国から貢物として入りました。やがて戦国時代の「戦闘服」や旗などに用いられ、一気に普及しました。しかし、古代や中世には、綿といえば蚕の繭から作られる絹の真綿(floss silk)を指す言葉でした。

  • 旬の話 2011/09/18

    オニバス -香川の森里海から-

    びお編集委員・菅組代表取締役、菅徹夫さんからの寄稿です。希少植物オニバスの群生と花、香川の森里海から。

  • 特集 2011/09/18

    茅葺屋根のような断熱材 シリーズびおハウス(2)

    大きな熱容量をもった断熱材で、室内への熱の到達時間を遅らせます。茅葺屋根が持っていた涼しさを。

  • 旬の話 2011/09/13

    蕃藷、唐いも、琉球いも、九州いも。サツマイモの話。

    今回のテーマは、秋から冬にかけて最盛期を迎えるサツマイモです。
    漢字で書くと、「薩摩芋」。薩摩、現在の鹿児島県が、名前の由来になっています。
    そうはいっても、サツマイモは鹿児島原産というわけではありません。

  • ニュース 2011/09/08

    びおハウス発表会も同時開催!ジャパンホームショーに出展します。

    エネルギー自給住宅、びおハウスの発表会も同時開催! ジャパンホームショーに出展します。

  • その他 2011/09/08

    十五夜

    お月見をむかえる頃に出す手紙は、「朝夕めっきり涼しくなりました」という挨拶で始まります。日中は残暑が厳しくても、夜になると涼風が吹き、早暁の散歩は格別に心地よいものを感じることができます。二十四節気で追うと、日中は節気が意味するところと大きく異なり、ためらうことが少なくありません。けれど朝早く起きて散歩すると、四季の巡りが先に先にやってきていることが実感されます。

    十五夜 版画
  • 特集 2011/09/03

    体感温度と自然室温 シリーズびおハウス(1)

    電力抑制下、自然室温で暮らせる家「びおハウス」の取り組みを開始しました。
    「びおハウス」を構成する考えやアイテムなどについてご紹介するシリーズをはじめます。第一回目は、体感温度と自然室温。

  • ニュース 2011/09/02

    Forward to 1985 energy life(1985運動)2011大集会が開催されます。

    野池政宏氏が呼びかける「FORWARD TO 1985 ENERGY LIFE(1985運動)」大集会のお知らせです。 この大会は、「家庭」から究極の省エネルギー社会の実現を目指す1985運動の推進を目的として開催されま […]

  • ページナビゲーション