2011 年 02 月のアーカイブ

  • 特集 2011/02/24

    家の防犯、どう考えますか?

    国内の一般刑法犯罪は減少傾向にあるとはいえ、侵入盗は15万件弱(平成21年)、一日にならすと400件以上あることになります。このうち約6割が住宅への侵入盗。さあ、どう考える?

  • その他 2011/02/19

    春霞

    春霞(はるがすみ)は、春の季節に立つ霞をいいます。霧と霞は違っていて、気象的には視界が1キロ未満のものを霧、それよりも遠くを見渡せるけれど、景色がぼやけて見えるものを霞といいます。霞はカスミと読みますが、モヤとも読みます。

  • その他 2011/02/19

    二十四節気・雨水(うすい)

    雪が雨に変わり、氷は溶けはじめ水となる頃で、植物の種子が発芽を促される季節。昔から農耕の準備を始める時期とされていました。

  • その他 2011/02/14

    Shutter シャッター

    シャッター(window shutter)は、鎧戸(よろいど)ともいい、何枚もの金属の板をすだれのようにつなぎあわせた建具です。工場のガレージくらいの大きいものから、住宅の窓くらいの小さなものまで、細い材料を複数組み合わせることで製作されるため、寸法は自由にオーダーできます。

  • 特集 2011/02/09

    カロリーベースって何? 日本の食料自給率の不思議

    日本の食料自給率は低いとされ、この向上が必要だといわれています。日常的に外国産のものを食べている認識はそれほどありませんが、いったいどうして食料自給率は低いのでしょうか。

  • その他 2011/02/04

    レンズ雲

    「レンズ雲」は、笠雲やつるし雲と同様に上層の風が強いときに、地形の影響でできたレンズ状の雲をいいます。この雲は天候の悪化を知らせる信号のようなものとされていますが、好天の前兆とされるものもあります。

  • その他 2011/02/04

    二十四節気・立春(りっしゅん)

    春の始まり。旧暦で立春は新年の始まりとされています。当時の名残から、今でも年賀状に「迎春」という言葉が使われています。立春以降に初めて吹く南寄りの強い風を「春一番」と呼びます。

  • ページナビゲーション