2010 年 11 月のアーカイブ

  • 旬の話 2010/11/27

    日本を代表する野菜、だいこん

    ほどよい辛みと甘み、淡白でどんな味にも合い、生でも食べられるし、さまざまに調理・加工もできるだいこん。私たちの食生活になくてはならない野菜です。
    そして、だいこんは古来より、日本人にとってとても身近な、大切な存在でした。

  • その他 2010/11/22

    冬木立

    「冬木立」は、冬を代表する季語です。
     葉が落ちて、寒々とした枝ばかりの光景が思い浮かびます。枯木立、冬木、寒林なども関連季語とされます。蕪村の「斧入れて香におどろくや冬木立」という句が有名です。枯木と思って斧を打ち込んだら、つよい木の香りが漂っておどろいた、という句です。五七五のなかに、小宇宙が見事に映し出されています。

  • その他 2010/11/22

    二十四節気・小雪(しょうせつ)

    小雪がちらつき始めるという意味。北海道や東北などでは降り始めます。関東や東海以南ではまだ降りませんが、日差しは弱くなり、紅葉が散りはじめます。次第に冬らしさを感じられるようになる頃です。

  • その他 2010/11/17

    Fusuma ふすま・戸襖

    障子という言葉は中国伝来のものですが、「ふすま」は唐にも韓にも無く、日本人の命名と言われています。もともとは、我々が言う襖も障子も「障子」(さえぎるものの意)と呼び建具はすべて「障の具」と呼ぶと教わりました。

  • 旬の話 2010/11/12

    秋から冬の果物、りんご

    今、店頭にはさまざまな種類のリンゴが並んでおり、私たちの目を楽しませてくれます。シャリシャリとした歯ごたえ、ほのかな酸味とさわやかな甘味のバランスがよい、人気の果物です。
    生で食べるほか、お菓子や料理の材料としても広く利用されています。
    今回の旬ナビは、秋から冬の果物、リンゴ。その歴史や種類、料理にも挑戦しました。

  • その他 2010/11/07

    天使の梯子

    「天使の梯子」は、「ヤコブの梯子」とも、「レンブラント光線」ともいわれます。
    「ヤコブの梯子」は、旧約聖書創世記の記述に由来します。ヤコブが、雲の切れ間から差す光の梯子が天から地上に伸びていて、そこを天使が上り下りしている光景を夢に見たという話で、それが自然現象を表す言葉にもなりました。

  • その他 2010/11/07

    二十四節気・立冬(りっとう)

    冬立つ頃。秋分と冬至のちょうど中間にあたり、暦の上では立冬から冬に入ります。まだまだ秋の様子ですが、時折冬の気配を感じられます。北国では初雪が降り、紅葉地域は全国へ広がっていきます。

  • その他 2010/11/02

    Sliding Door 引き戸

    引き戸とは、横にスライドさせて開閉させる戸のこと。日本の住宅では引き戸は一般的な建具で、障子や襖のように引き違いになっているものや、1枚の戸を左か右の片方に引く、片引き戸、壁の中に引いた戸を収納してしまう引き込み戸もあります。

  • ページナビゲーション