2010 年 09 月のアーカイブ

  • 旬の話 2010/09/28

    秋の味覚、栗 。― 栗に関する知識から栗拾いまで

    栗は、秋の味覚として、特に日本人に好まれているもののひとつです。
    野菜も果物も一年を通して手に入るものが多くなっていますが、生の栗は、今でも限られた時期にしか手に入りません。
    栗の旬は9月〜10月。市場に出回るのはほんの短い期間。
    旬の味を存分に楽しみたいものです。

  • 特集 2010/09/24

    サメと心を通わせた男の海 フィジー

    マナ島のダイビングショップを経営する脚ノ好美さん。リゾートを訪れる人たちに海の話をして、気づかないうちにサンゴ礁を踏みつけたり、必要以上にサメを怖がらないよう、啓蒙活動をしています。ヨシさんがいまマナにいる理由、そしてこうした活動をしている原点、それが、伝説のダイバーと呼ばれた男、アピの存在でした。

  • その他 2010/09/23

    彼岸花

    日本の秋は、日中は暑く、段々日が短くなるにしたがい朝夕の涼しい時間が増えていくという感じです。そんな季節と歩調を合せるように咲くのが、彼岸花(曼珠沙華)です。この花は、枝も葉も節もない花茎が地上へと突出し、花はその先端に輪生状に咲きます。

  • その他 2010/09/23

    二十四節気・秋分(しゅうぶん)

    秋分の3日前の日を「彼岸の入り」、3日後を「彼岸の明け」と言い、その7日間が秋の彼岸となります。「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあるように、この時期を境として、暑さが和らぎ、少しずつ涼しい季節へと移っていきます。

  • その他 2010/09/18

    Plaster 左官・漆喰

    鏝を使って、壁や床などを塗りあげる仕事を「左官」と呼びます。ここではおもに、壁仕上げとして用いられる「左官材料」とその仕上げを扱います。左官の魅力は、なんと言っても素材と手仕事の魅力です。

  • 旬の話 2010/09/13

    もうすぐです、中秋の名月。

    月は、秋を代表する季題として、古来、和歌や俳句にさまざまに歌われ、詠まれてきました。
    単に「月」といえば、秋の月をさす、というほどです。

    その秋の月の中でも、特別な月があります。
    旧暦8月15日の夜、十五夜の「中秋の名月」です。
    この夜の月は最も明るく美しいとされ、昔から、この夜に月見をする風習が盛んです。

  • その他 2010/09/08

    つゆ草

    朝咲いていたかと思うと昼には花が凋んでしまうことから、まるで朝露のよう、ということで名付けられたと言われます。英名のDayflowerは、「その日のうちにしぼむ花」という意味です。

  • その他 2010/09/08

    二十四節気・白露(はくろ)

    風のない晴れた夜に発生する「しらつゆ」のこと。夜冷気が増し草葉の上に露が結んで、白く光って見える様を言います。朝夕には涼しい風が吹き、心地良くなる頃です。

  • その他 2010/09/02

    退院後1カ月

    どうであれ、退院はうれしいものです。病院生活と普段の生活の違いは何かといえば、後者には自由があることです。
    マキシム・ゴーリキーの『どん底』に登場するブブノフ(元帽子屋)が、巡礼のルカに「どうしてここに住むのさ」と詰問されて、「ここには自由があるからさ」といい放つ場面があります。

  • その他 2010/09/02

    Wallpaper クロス・壁紙

    壁紙とは、布や合成樹脂でできたシートで、内壁下地材の表面に接着剤を用いて貼り付ける内装仕上げ材です。一般には「壁紙」と言われていますが、天井に貼ることも多く、建築業界では「クロス」と言われています。時を経て風合いを増すという素材ではありません。傷んだら5年を目安に部分補修、10年を目安に張替えを。

  • ページナビゲーション