二十四節気

二十四節気・穀雨(こくう)

2010年04月20日 火曜日

穀雨イラスト

画・柴田美佳

二十四節気とは季節を知る術として中国で考案。一年を二十四つの節気(15日間ずつ)に分けたもの。

穀雨は「雨がふって百穀を潤す」という意味。
田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る頃。雨の日が続くと少し憂鬱な気分になりますが、植物にとっては大切な恵みの雨といえますね。

びお・七十二候
「穀雨」の中にある3つの候と、それに合わせた俳句等をご紹介します。
花々舎の草花
「穀雨」に旬を迎える草花をアレンジメントしてご紹介します。
旬ナビマップ
「穀雨」中に、ほぼ日本全域でモンシロチョウの姿を目にする事ができるのではないでしょうか。

    小 大
    ページ上へ