2010 年 01 月のアーカイブ

  • 特集 2010/01/30

    対州檜(たいしゅうひ)は使えるのか? 森里海連環学実践塾 in 対馬 レポート

    シンポジウムの興奮覚めやらず、それが余韻となっての酒盛りでしたが、わたしには懸念があって、果たして対州檜はあるのか、あったとして使えるのか、ほんとうに対馬の森を蘇らせることはできるのか、との思いがつよく、歓びの感情が溢れるなかにあって、あたかも“広場の孤独”のような心境を囲っていたのでした。

  • その他 2010/01/25

    大寒・水沢腹堅(さわみずこおりつめる) 菜の花

    ご存知かと思いますが、菜の花という植物名はありません。
    小松菜、白菜、水菜、キャベツなどのアブラナ科の花を菜の花と呼んでいます。

  • 特集 2010/01/25

    対馬から”林業再生”を考える 森里海連環学実践塾in対馬レポート

    1月22日〜24日の3日間、森里海連環学実践塾が対馬で開かれました。「対馬から林業再生を考える」と題されたシンポジウムも同時に開かれ、森里海連環、そして林業の未来がここから開いていく、そんな三日間でした。まずは初日、二日目をレポートします。

  • その他 2010/01/20

    大寒・款冬華(ふきのはなさく) キブサスイセン

    日本水仙、糸水仙、黄房水仙そして神奈川の真鶴から頂いてきた白一色のらいちょう水仙(注)と4種類の水仙が冬から春にかけて次々と花をつけます。
    色どりの乏しい今の季節に明るさを添えてくれます。

  • その他 2010/01/20

    町の中の暮らしで森を思う

    生活を支える森をわたしは知らない。遠くにある森が暮らしの中で生き生きと役立ち、わたしと森がもっと近くになるといいのに。この正月休みに気になっていた、2つの森につながることがら。

  • 旬の話 2010/01/20

    牡蠣の旬は本当に冬?

    海のミルクともいわれ、栄養豊富なことで知られる牡蠣。冬になると多く出回ります。英語でRのつく月には牡蠣を食べるな、ともいわれるよに冬が旬の貝ですが、その説には賛否あるようです。

  • 旬の話 2010/01/20

    冬の魚介類

    冬に旬を迎える魚介24種類をピックアップしました。
    冬の魚として有名な物から今が旬とはあまり知られていないものまで、その特徴、選び方、料理例をご紹介します。

  • 特集 2010/01/15

    転換期を迎えた日本の自動販売機

    文明の利器・文化の破壊者ともいわれる自動販売機。日本は世界2位の自販機大国ですが、ここ数年、自販機は試練の時を迎えているといえるでしょう。

  • その他 2010/01/15

    小寒・雉始雊(きじはじめてなく) ハボタン

    キャベツの花蕾を食用化したものがカリフラワーやブロッコリー、そして食用ではなくて観賞用に改良したものが葉ぼたんだそうです。

  • 1 2 ページナビゲーション