2009 年 10 月のアーカイブ

  • 特集 2009/10/28

    町に「緑の時代」を。

    町の工務店(代表/小池一三)による、政府・国土交通省に対する提言書「若者よ、半世紀かけて住宅をつくろう!」が、どこをどう回ったのか分りませんが、今、あちらこちらで読まれ、大きな話題を呼んでいます。今回のびお特集として「提言書」を全文掲載致します。

  • その他 2009/10/28

    霜降・霎時施(こさめときどきふる) フォックス・フェイス

    太いしっかりしたライトグリーンの茎に直接、実がついています。
    その実は大人のこぶし大ほどになり、鮮やかな黄色です。

  • 旬の話 2009/10/23

    美しく、栄養も豊富。太刀魚

    太刀魚は、夏の魚として紹介されることが多い魚です。しかし夏が終わって今頃になると、第二の旬とも言える時期がやってきます。体表を覆う特徴的な銀粉からは、なんと…

  • その他 2009/10/23

    霜降・霜始降(しもはじめてふる) リンドウ

    りんりんりんどうの花咲くころサ
    姉さは馬コでお嫁に行った
    りんりんりんどうは 濃むらさき
    姉さの小袖も濃むらさき 濃むらさき
    ハイノ ハイノ ハイ

  • その他 2009/10/18

    「ベーハ小屋」はどこへ行く

    栃木県益子町はベーハ小屋の聖地。そもそも「ベーハ小屋」という呼び方はここ益子が発祥だと思われる。讃岐では「ベーハ小屋」という呼び方は農家の人からも聞いたことはなく「カンソバ」(煙草の乾燥小屋から)という呼び名が一般的であった。

  • その他 2009/10/18

    寒露・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり) そばの花

    ススキを探しに行った先で、そばの花に出会いました。
    四方を槇の垣根で囲まれたそば畑は珍しく、いかにも秋の新そばの味につられて丹精しているといった感じの美しい畑でした。

  • 特集 2009/10/18

    下を向いて歩こう! ドングリ拾いのススメ

    子どもの頃、一生懸命拾い集めたドングリ。大人になると、いつの間にか足下のドングリにも気がつかなくなっていませんか? ドングリ拾いを通じて、少し自然のことを考えてみませんか。

  • 特集 2009/10/13

    対馬の原生林に、日本列島の原郷を見た。

    対馬紀行その3。今回の訪問は、来年、開催を予定している対馬でのシンポジウムの打ち合わせを兼ねてのもので、対馬の山を見ることで、より実のあるシンポジウムにするための訪問でした。

  • その他 2009/10/13

    寒露・菊花開(きくのはなひらく) ハゼラン

    例えば武将のような名前の主がほっそりとした草食系の男子だったりして拍子抜けすることってありません?
    「爆蘭」― ハゼランの主がピンクの小さな小さな花をつける植物だったらやはり拍子抜けだと思うのです。

  • 旬の話 2009/10/08

    里芋 ― 日本の食文化と関わりの深い伝統野菜

    新米、栗、キノコ、銀杏、ぶどう、柿、秋刀魚、鮭、鯖……等々、おいしいものが豊富な食欲の秋、真っ盛りです。
    秋は、芋の季節でもあります。じゃがいも、さつまいも、里芋。そして少し時期が後になりますが、山芋。それぞれに種類も豊富で、いろんな芋が店頭を賑わしています。
    今回はその中から、里芋に注目してみました。

  • 1 2 ページナビゲーション