ハレの日の旬・ケの日の旬

豆ご飯を炊こう

2009年05月05日 火曜日

そら豆

そら豆は、栄養も豊富で季節感も楽しめる、代表的な春野菜のひとつです。未熟なうちに早採りしたもので、完熟した豆は乾燥豆として出回っています。
「未熟のそら豆をおいしく食べられるのは3日間だけ」と言われるほど鮮度が落ちるのが早いので、買ってきたらすぐに食べるのがおすすめです。また、さやから出して空気にふれるとすぐにかたくなり、味も急速に落ちるので、さや入りのものを買って、料理する直前までさやから出さない方がいいでしょう。
買うときには、さや入りのもので、背の部分が茶色くないもの、緑色が濃くうっすらとうぶ毛がついているもの、豆の形がそろっているものを選びましょう。
冷凍のそら豆が一年中出回っていますが、生の甘みやうまみを味わえるのは、旬の今だけです。

このそら豆を使って、豆ご飯を炊いてみませんか。
そら豆の目に鮮やかな緑と、白いお米。その色の対照の美しさが、初夏を思わせます。食卓に季節の彩りを添えてみませんか。

こちらのレシピを参考に、土鍋でそら豆ご飯を炊いてみました。

asterisk*cafe 〜おいしいアネ菓子アネごはん〜 より
そらまめごはん*レシピ
http://blogs.yahoo.co.jp/ane_et_tavie/18971591.html

そら豆を買ってきて、すぐに調理にとりかかりました。鮮やかな緑のさや。つやつやしています。

そら豆02

さやを開くと、豆が4つのものと3つのものがありました。さやの内側の白い部分はふかふかしていて、やわらかいスポンジのようです。この部分が白くてふかふかしているのは、新鮮な証拠だそうです。さわってみると、しっとりと水分が含まれていました。
「そらまめくんのベッド」という絵本がありますが、豆が入っている場所に豆のあとがしっかりついていますし、本当に、豆が気持ちのよさそうなベッドに横たわっているみたいだな、と思いました。

むきそら豆

さやから豆を取り出します。豆もつやつやしています。

むきそら豆02

薄皮に切り込みを入れて、薄皮をむきます。薄皮も結構な量になります。

むきそら豆03

こちらのレシピでは、豆の薄皮をご飯と一緒に炊きます。豆を一緒に炊くと豆の色がくすんでしまうので、後から加えます。そして豆の風味をご飯にうつすため、豆の薄皮をご飯と一緒に炊きます。

そら豆と米

いろいろなそら豆ご飯のレシピを見ていたら、何通りかの炊き方があることに気づきました。

(1)最初から豆を一緒に炊く。
よい点:豆の風味がご飯にしっかりうつる。
問題点:豆の色がくすんでしまう。

(2)ご飯はご飯で炊き、豆は別に塩茹でし、あとから混ぜあわせる。
よい点:豆の鮮やかな色が残る。
問題点:ご飯に豆の風味がうつらない。

そして(1)・(2)の問題点を解決すべく、次のような方法がありました。

(3)豆のさやあるいは薄皮をご飯と一緒に炊き、豆の風味をご飯にうつす。
(その後さや・薄皮は取り出す。)豆は後から加える。

豆の風味も、色も、両方楽しめます。ただ、豆そのものを一緒に炊くのに比べると、ご飯にうつる豆の風味は少ないのでは、と思います。

(4)ご飯を炊いている途中(後半、終わりがけ)に豆を加える。
豆の風味も、色も、両方楽しめます。ただ、ご飯と豆を一緒に炊く時間が短い分、ご飯にうつる豆の風味は少ないのでは、と思います。また、豆の色も、一定時間炊きますから、多少くすんでしまうのではないでしょうか。

豆の風味も、鮮やかな緑色も、両方楽しみたいし、どの方法にしようか、迷うところですが…。各自の好みによりますね。

さて、しばらく炊いて、蓋を開けてみました。ぷーんとそら豆の香りが漂います。豆の薄皮の色は、やっぱりくすんでいます。薄皮と昆布を取り出して、そら豆を加え、あと少し加熱します。(ご飯が薄皮の中に入り込んでいるので、ご飯を無駄にしないように薄皮を取り出すのが、少し面倒かもしれません。)

そら豆ご飯

そら豆ご飯、出来上がりました!

そら豆ご飯02

そら豆ご飯03

そら豆は色鮮やかで、ご飯にも豆の風味がうつっていて、豆のシャキシャキ感も残っており、美味しかったです。

翌日もう一度そら豆ご飯に挑戦し、今度は、最初から豆を一緒に炊いてみました。豆の色はやはりくすんでしまうし、形もくずれてしまうのですが、豆の風味がご飯にしっかりうつっていて、豆もホクホクしていて、これまた美味しかったです。

そら豆ご飯を炊いて、旬のそら豆の甘みやうまみを味わってみませんか。

関連記事

旬のコラム
春の夜の夢「そら豆と高菜の炒めもの/咸菜豆瓣」
http://www.bionet.jp/navi/2009/04/soramametotakana/
中華版「そら豆の炊き込みご飯」も載っています。

    小 大
    ページ上へ