2009 年 03 月のアーカイブ

  • 特集 2009/03/31

    ソメイヨシノだけが桜ではない

    日本の春といえば桜、桜といえばソメイヨシノ、というイメージがありませんか? でもソメイヨシノは明治以降の桜なんです。

  • その他 2009/03/31

    雷乃発声・かみなりすなわちこえをはっす

    遠くで雷の音がして、稲光が初めて光る時候をいいます。
    三月初旬にある啓蟄のころに鳴る雷は「虫出雷(むしだしかみなり)」と呼ぶそうですが、春分以降の雷は「春雷」と呼ばれ、雷鳴が轟くようになります。

  • その他 2009/03/31

    興味津々・No.052

    春がやってきて歳時記を開いて、改めて季語が持つ豊かさを思った。たとえば「北窓開く」という季語がある。

  • その他 2009/03/26

    桜始開・さくらはじめてひらく

    うららかな春の陽気に誘われて、桜の花が咲き始める頃をいいます。
    平安時代からこちら、「花」といえば桜を表しました。

  • その他 2009/03/26

    興味津々・No.051

    この月末の土日祭日から、高速道路はETC利用者についてのみ距離に関係なく、一律1000円の料金になる。渋滞が予想され、各行楽地での混雑が予想されている。

  • 特集 2009/03/25

    讃岐の風景としてのベーハ小屋

    工務店の社長業の傍ら、讃岐でベーハ小屋を追い続け、ベーハ小屋研究会も立ち上げた人がいます。「びお」編集委員の菅徹夫さんからの寄稿です。

  • その他 2009/03/21

    雀始巣・すずめはじめてすくう

    雀始巣――スズメが巣を作り始める時候を迎えました。 スズメの巣のことを、特集「近頃スズメを見かけなくなった。何故だろう?」で書きました。この半世紀で、スズメが9割も激減してしまった、というのは大きな驚きで、この記事のこと […]

  • 特集 2009/03/21

    一番低い山コレクション

    三分で出来る登山というと、ネット上の登山ページか何か、と思いませんか?
    登山口から三分かからずに上れる「山」が、本当にあるんです。

  • その他 2009/03/21

    興味津々・No.050

    北野武が司会する『テレビタックル』という番組で、東京駅前の中央郵便局の建替え工事を巡って議論があった。

  • その他 2009/03/16

    菜虫化蝶・なむしちょうとなる

    今日から啓蟄の末候「菜虫化蝶」です。 「なむしちょうとなる」と読んで、青虫が蝶になる季節としています。「菜虫」は、大根やカブラを食べる昆虫の総称で、特にモンシロチョウの幼虫を指します。菜の花が咲いて、モンシロチョウが舞い […]

  • 1 2 3 ページナビゲーション