びお・七十二候

鴻雁来・こうがんきたる

2008年10月08日 水曜日

鴻雁来

鴻雁来(こうがんきたる)は、寒露の初候。雁の枕詞は「遠つ人」です。どこからやって来るのか、それは北の方から、遠くからやってくる、というのです。

雁は、この遥かなるイメージがいいですね。

雁は”がん”とも”かり”ともいいます。

“がん”は、森鴎外の小説にあります。

“かり”は、新国劇の『国定忠治』の「あゝ、雁(かり)が鳴いて南の空へ飛んで往(い)かあ」というセリフに出てきます。

“がん”と”かり”の用例はむずかしくて、最近は、”がん”と音でいう人が増えています。また、”かりがね”とも呼びます。

10月はじめころ北方からやってきて、翌春3月まで留まります。雁が北へ帰っていくことを、七十二候では「鴻雁北」(こうがんかえる)といいます。

雁というと、『ニルスのふしぎな旅』(セルマ・ラーゲルレーヴ著)が思い出されます。ひょんな事から妖精に小さくされた悪童のニルスが、家禽のガチョウ、モルテンと共に野生の雁の群につきしたがって、スウェーデン各地を旅します。

この本は、スウェーデン政府により、もともと「子どもたちがスウェーデンの地理について楽しく学べる新しい本」を目的に企画され、その書き手として白羽の矢が立ったのが女流作家セルマ・ラーゲルレーヴ(1858-1940)でした。

この依頼を受けたセルマは、単なる教科書ではなく、物語としても完成度の高い作品にまとめあげました。

原題は「ニルス・ホルゲションの素晴らしきスウェーデン旅行」とつけられましたが、後にそれは『ニルスのふしぎな旅』と呼ばれるようになりました。

この物語の楽しさは、野生の雁と編隊を組んで、主人公のニルスはモルテンの背中に乗って、空から俯瞰しながら飛び回るという着想です。

越冬地のバルト海エーランド島では、木造の古い風車が回っていました。ニルスが「エーランド島は大昔、大きな蝶だった」という老羊飼いの話を立ち聞きするのは、風車の階段の下でした。

ユネスコの世界遺産にもなっているカールスクローナにも立ち寄ります。この町の歴史や、造船に関わった人たちの話も出てきます。ニルスの故郷、南スウェーデンのスコーネ地方の古城や、貴族の館も出てきます。

会話はコミカルで、ワクワクしながら読み進めることができます。スウェーデンの国民文学というにふさわしい作品で、セルマは後に、女性として初めてノーベル文学賞を受賞することになります。

森鴎外の『雁』は、『ニルスのふしぎな旅』とは180度違ったものです。

運命のいたずらというべき偶然が、人生を左右する象徴として描かれます。

主人公の医科大学生岡田が、不忍池で投げた石がたまたま雁に命中して、その命を奪ってしまうという事件を扱っていて、同じ雁を描いていでも、東西ではかくも違う、ということを楽しんでいただければ、それで結構です。ここで比較文学論を展開しようというのではありませんので(笑)。

今回の句は、橋本多佳子(はしもとたかこ/1899(明治32)年〜1963(昭和38)年)の句です。

女性の哀しみや不安、自我など、微妙な心理の綾を、掬い上げるように句にする名人です。叙情的、主情的な句風とも言われていて、ほかを圧するほどの美貌の持ち主だったということもあり、杉田久女とよく比較されます。

この候で紹介した句は、後年の凄まじいまでの主情性はありませんが、家路につき、ふと我が家をみると明かりが燈っていて、その家の空を雁が渡っていく光景が詠まれている句です。

橋本多佳子の句で、有名なものだけ幾つか挙げておきます。

わが行けば露とびかかる葛の花
月光にいのち死にゆくひとと寝る
雪はげし抱かれて息のつまりしこと
星空へ店より林檎あふれをり

最後の林檎の句は、筆者が好きな句です。

秋の星の光りの下、あふれるように積まれた赤い林檎が、いまにも転がり出そうな様子がありありとしています。この地上の幸福感を、いわないではいられない気持ちが溢れています。

かと思うと、月光の句は、病弱で寝込んでいた夫の急逝を詠んだ句で、多佳子三十八歳の時の、つらい句です。

松本清張に橋本多佳子をモデルとした短編小説があります。清張には、杉田久女をモデルとした『菊枕』がありますが、明らかに多佳子をモデルとしているとみられるのは、『花衣』という作品です。

全国雁・鴨飛来情報
http://www.jgoose.jp/

俳句


ニルスのふしぎな旅〈1〉 偕成社文庫
ラーゲルレーヴ (著), 香川 鉄蔵 (翻訳), 香川 節 (翻訳)

平潟落雁
平潟落雁 歌川広重画
大錦判「金沢八景」天保七年頃

    小 大
    ページ上へ